入院のお見舞いにプリザーブドグリーンと動物のフィギュアで自然の世界を再現したメルヘン3D

プリザーブドグリーンのジオラマボックス メルヘン3D 受付時間 9:00~19:00

法人はこちら

施設に入居している方にベストなギフト

今年も9月20日、「敬老の日」が近づいてきました。

施設に入居されているおじいちゃん、おばあちゃんもたくさんいらっしゃるかと思います。

今はコロナ禍で、面会も毎月1回、それもガラス越しか、リモート面会しかできません。

なんとも寂しい限りですが、そんな面会時に喜ばれるギフトとして、『メルヘン3D』をおすすめします。

CIMG7783CIMG7329

 

 

 

 

 

 

 

 

 

故郷や以前家族で旅行に行った場所など、思い出の場所を背景写真に使ったメルヘン3Dにみなさんまず驚かれ、次に必ず笑顔になれます♪

写真立てに入れた写真もいいけれど、メルヘン3Dは奥行きがあって、手前に人形やブリザーブドフラワーなどでアレンジすることで立体感が生まれます。

いつもとひと味違った贈り物をしてみませんか⁇

IMG_1117CIMG6333

 

 

一つずつ手作りしています

先週末、『鬼滅の刃』の特別編集版が放送されていましたね。相変わらずの人気で高視聴率だったそうです。

その鬼滅の刃をモチーフにしたメルヘン3Dをご紹介します♪

 

背景写真は別府の竈門神社です。鬼滅の刃とシンクロするところがいくつもあることから、鬼滅の刃の聖地と言われているところです。

炭治郎の炭焼き小屋や薪、カラス、神社にちなんだ絵馬、市松模様や麻の葉模様の布などで、鬼滅の刃を表現しています。

カラスは、もともとは白い小鳥だったのを黒く塗りました。

CIMG8550CIMG8547

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このように、お好きな写真でお好きな世界観をお作りすることができます。一つずつ手作りですので、細かい点まで柔軟に対応させていただきます。

オーダーメイドをお考えの方はお気軽にご相談ください。

CIMG5946CIMG5956

コロナ禍で喜ばれるギフト

日本全国コロナ禍で様々なことが自粛を余儀なくされています。生活様式も大きく変わりました。最低限の外出時は常にマスク。密を避けて手指消毒の徹底と、気の抜けない日々が続いて気持ちも沈みがちです。こんな時は積極的に癒しの時間をもつことが必要だと感じています。家で過ごす時間が増えていますので、花や観葉植物を飾る方が増えているのも納得です。

 

当店では花やグリーンの他にオリジナル商品のメルヘン3Dを扱っています。

メルヘン3Dは風景写真を背景に使っていますので、眺めているとその場所にいる気分になれます。

私も日々店頭のメルヘン3Dを眺めては、自由に写真を撮りに出かけられた時のことを思い出して懐かしくなったり、コロナが落ち着いたらまたあちこち出かけよう!とワクワクしたり、いろいろなことを考えています。

CIMG8491CIMG8494

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9月20日は敬老の日です。離れて暮らすおじいちゃんおばあちゃんへの贈り物にもメルヘン3Dをお勧めします。思い出の場所やお気に入りの風景のものを贈れば喜ばれること間違いなしです。電話でのご注文も受け付けておりますので、お気軽にお電話ください。

オンリーワン商品誕生秘話⑤

ちょうどその頃、感染症予防の観点から生花の持ち込みを禁止する病院が全国的に増えてきました。今では皆さんの間に浸透していますが、当時はお見舞い用のお花を買いに来て、事情を知り困ってしまうお客様がずいぶんいらっしゃいました。

そういったことも重なって、メルヘンシリーズをもう一度考え直すことになりました。

 

こうして現在の木箱に作るようになったのです。

大きさは、病室の個人のスペースに置けるように、入院中の知人の病室を測らせてもらいました。

木箱を窓に見立てて、森の中を覗き込んでいるような気持ちになれます。また風景写真を貼ることで、外の景色をより

想像しやすくなりました。

これまでよりも遠近感や立体感が感じられるようになったので、『メルヘン3D』と名付けました。

IMG_0839IMG_0838

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

20数年前、一人のお客様からの要望でお見舞い用に作り始めた商品が、今ではあらゆる用途で使われる当店の看板商品となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンリーワン商品誕生秘話④

メルヘンシリーズも、お客様から大変喜ばれました。病院のベッドに寝たきりのお母さまを楽しませるお手伝いが出来たことを嬉しく思います。

こうして生まれたメルヘンシリーズですが、店頭に並べてみたところお客様の反応が良く、予想以上に売れていきました。

用途としては主に誕生日をはじめとする一般のギフトでした。

CIMG8421CIMG8420

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8419CIMG8422

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はじめは商品をセロハンで包みました。その後塩ビのケースを使うようになったのですが、これは日に焼けたり風化してしまうのと、お見舞い用として病室に置くには少し大きすぎるというお声をいただきました。

 

ちょうどその頃私自身入院することになり、病室のシンプルさに驚くと同時に、お客様が言っていた商品のサイズについて実感することができました。

 

⑤に続く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンリーワン商品誕生秘話③

②からの続き

 

鳥かごシリーズはとても喜ばれました。

CIMG8404

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、それからしばらくして再びお客様がいらっしゃって、また違うものが出来ないだろうかと言われました。

ほとほと困り果ててしまいましたが、長い入院生活をベッドに寝たきりで過ごしているお母様のことを想うと、お断りすることはできませんでした。

こうなっては花屋の意地にかけて何とか考えなければ!と思い、第二段を作ることとなりました。

 

鳥かごシリーズをグレードアップさせ、古木や造花で再現した自然の中に動物の人形を置いて、まさに森の中をイメージした商品を作りました。鳥かごシリーズよりもストーリー性があります。『メルヘンシリーズ』の誕生です。

CIMG8407CIMG8411

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG8406CIMG8412CIMG8409

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④に続く。

 

 

 

オンリーワン商品誕生秘話②

①からの続き

 

最初は、生花のアレンジメントの色を変え形を変えてお作りしました。

しかし、お母さまは寝たきりだし、お客様ご自身は県外在住で仕事を終えた週末に帰って来るだけなので、花の水替えが出来ないと言われました。

現在のようにブリザーブドフラワーやソープフラワーなども無い頃でしたので、本当に悩みました。

花屋で生花以外のものと言われても…というのが正直な気持ちでしたが、お客様の熱意に負けて、お母さまに喜んでもらえる商品を真剣に考え始めました。

 

その時は2月でしたので、お母さまに春を感じてもらおうと「鳥かごシリーズ」を作ってみました。

針金で鳥かごを作り、中には古木やグリーンを入れて自然な感じを作り、センサーで鳥の鳴き声が聞こえるようにしました。

これを病室の天井から吊り下げると、お母さまは大変喜んでくださいました。

CIMG8402CIMG8403

 

 

 

 

 

 

 

 

 

③に続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンリーワンギフト誕生秘話①

「有限会社あいざわ」は今年で創業73年目に入りました。

母から店を継いでから、「どこにもないギフトを作らなければ」と、漠然と考えておりましたが、日々の仕事に追われ、月日だけが過ぎて行きました。

そんなある日、一人のお客様がご来店しました。

お客様のお母さまが病気で入院しており、起き上がることができず寝たきりである。付き添える者がおらず、水替えができないので、生花以外で、枕元に置いて楽しめる商品が出来ないかということを言われました。

本来なら既存の商品をおすすめして、あとは他のお店に行ってみて下さい、という所なのですが…。何しろ毎週末、「出来ましたか」と熱心に来店されるので、根負けして商品を考えていきました。

これが今から20数年前のことです。

CIMG8398

CIMG8399

CIMG8400CIMG8401②に続く。

 

 

 

 

お客さまのお声を取り入れてお作りしています

当店オリジナル商品のメルヘン3Dは、作る人によって全然違う商品になります。

先日二人の作家をご紹介しましたが、同じ背景写真を使ってもそれぞれの感性によって全く違う仕上がりになります。そしてお客様がそれぞれの感性でお好きな物を選ぶので、正解も不正解もありません。

ただ、お客様が選んでいる様子を見ていて気付く事、感じる事があるので、それはすぐに取り入れさせていただきます。

 

当初メルヘン3Dは森のイメージで作り始めたので、背景写真はどこでも見かけるような森や林の緑一色でした。その中にカラフルな花はおかしいだろうと、白やせいぜい黄色の小花しか入れず、人形もリスやうさぎ、小鳥など、いかにも野山にいそうな動物しか使っていませんでした。

cimg4032cimg4031

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところがある時、お客様からのオーダーで明るい色の花を入れてみたところ評判が良かったので、少しずついろいろなパターンで作るようになりました。今ではお客様の7~8割が明るい色の方をお選びになりま

す。CIMG5888CIMG5953

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当初ご購入いただいたお客様は驚かれるかもしれませんが、ずいぶん変化しています。これからもお客様のお声を取り入れていきますので、ご意見、ご要望いつでもお待ちしております♪

 

二人の作家

メルヘン3Dを作成している作家さんの中に、とても仲の良い二人がいますが、お互いにメルヘン3Dを作る時はとことん納得するまで、お互いにちがった雰囲気の作品を作り続けています。

今回は、背景写真はほとんど一緒でバラのアーチの写真を入れて、あとは二人の感性の違いを見てみようと・・・。背景は同じでも、そこからストーリーをどのように持っていくかが最大の見せ場です。

果たして二人の作家さんは、どのような作品に仕上げたのでしょうか。

CIMG6529

CIMG8305

CIMG8304

CIMG8302

CIMG8303