入院のお見舞いにプリザーブドグリーンと動物のフィギュアで自然の世界を再現したメルヘン3D

プリザーブドグリーンのジオラマボックス メルヘン3D 受付時間 9:00~19:00

法人はこちら

お得意様へ感謝の気持ち

20年近くお付き合いをさせていただいている会社から、「今年もお得意先の所へ御歳暮を届けてほしい。」と依頼がありました。

この会社の社長さんは、家族、従業員を大切にされる方です。バブルが崩壊した際全国の企業は冷え込み、従業員を削減するため大規模なリストラを行ないました。この会社も当然ながら従業員の削減に迫られていましたが、3代目の現社長は「長年会社を支えてくれた従業員をやめさせるわけにはいかない。」と社長自ら姿勢をただし、社長個人の財産をも投入して一人もやめさせる事無く現在に至っています。

「従業員から信頼され、安心して働ける会社を目指す」という社長の考えが社員にも伝わり、今では元気のある会社になっています。

CIMG5152

CIMG5153

CIMG5151

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その精神はお得意様にも向けられ、長年取引きさせて頂いたおかげで今があると信じ、毎年お中元・御歳暮を贈られています。社長のそんな思いを「花に込めて伝えたい」という気持ちで配達をさせていただいております。シクラメンの鉢を和風の紙で包み、お正月用のピックをさしました。お正月に飾れるので、配達すると毎年喜んでいただけます。

長く続けるという事はなかなか出来るものではありません。私もいつも勉強させて頂いております。

 

 

 

 

久しぶりに会う人へのお土産

お客様から「県外のお寺で法事をするのでお花を用意して下さい。」と前日の夜に電話をいただきました。「丁度その時に里帰りを兼ねていつもお世話になっている近所のおばさんのところに、何か鉢物でも持って行こうと考えているので何かないですか?」と聞かれました。

「鉢物市場はお盆休みで8月24日(木)からですよ。」と答えると、「鉢物に代わる何か良いものはないですか?」と聞かれました。

CIMG4826

CIMG4827

CIMG4828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

贈る相手の年代と好み、ご予算をお聞きし、その方に合う様な「メルヘン3Dはいかがでしょうか?」と聞いてみると「あぁ~いつもお店に飾っているあのかわいい置物ですか?」と聞かれました。お客様はもともとお花が大好きで庭に花を植えている方でしたので、あえてメルヘン3Dは進めていませんでした。今回、贈る相手のおばさんは高齢で水やりなどの管理が出来ない感じでしたのでメルヘン3Dをすすめてみました。当日、親子で来店いただいて予約の花とメルヘン3Dを見て頂くと、「かわいい」の一言、「おばさんにはメルヘン3Dの方がいいよね。」と納得していただきました。

会計を済ませてながら雑談の中で「メルへン3Dに最近似顔絵フィギュアを入れて製作してくださいと依頼がありとても人気ですよ」とPRさせて頂きました。すると「結婚式のギフトなんかにとても良いですね」と言って頂きました。”9月になったらオータムバージョンを制作しますので又のご来店をお待ちしております。”

 

踊りの先生へ

店内で商品の陳列をしていた時、女性のお客様が来店されました。「何かお探しですか?」と聞くと「7月16日おどりの祭典がエイトピアおおのでありますがその時の入場券を会主の先生から頂いたので、お礼に何かプレゼントをしたい。」と話してくれました。当店に来る前に「花束でも贈ろうと考えたけれど、日中気温が30℃を超えているので花束ならすぐに枯れてしまうが何か良いものはないだろうか?」と考えて来られたそうです。「何軒か花屋さんがあるけれど、花束ならどこでも一緒」と当店に来店されたそうです。

CIMG4761

CIMG4762

CIMG4764

 

 

 

 

 

 

 

 

 

するといきなりメルヘン3Dのコーナーに気付き「これはなんですか?初めて見ます。」と興味を示して頂いたので「世界に一つのオンリーワン商品です。これなら水やりなどの管理が要らなくて、5~10年は長持ちして作品がかわいいのでお部屋のインテリアとして飾って喜ばれますよ。」と説明させて頂きました。「これに決めた。」と即、決断してくれました。さてどれにするかと作品を見ながら、なにやら一人で”ぶつぶつ”つぶやながら選んでいました。

CIMG4765

CIMG4763

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結局2匹の犬が入った作品を選んで「これにします。」と、踊りの先生とご主人を仲良しの犬に置き換えた作品が気に入ったそうです。これに一輪の生花を添える事を提案しカーネーションを一輪添えました。包装が出来上がると「メッセージカードはどうなさいますか?」と聞くと

「私、字が下手です。」と言うので「年賀状でも手書きの文字には目が止まるけれど、パソコンやワープロの字は目に入りません。手書きの文字には温かみがあり、文字を見ただけで書いた人の気持ちが伝わります。」と答えると「じゃ一帰って考えて書きますのでカードを一枚下さい。」とお願いされました。会計も済ませ「ありがとうございます。」と言うと「花屋は何処も同じかとおもったらここは違っていました。こんな素敵な商品があるか知りませんでした。11月に身内に結婚式がありますのでその時は早めにメルヘン3Dを買いに来ます。」と嬉しいお言葉を頂戴いたしました。又のご来店をお待ち申し上げます。

お見舞い返し

退院されたお客様が、入院していた時にお友達からお見舞いをいただいたそうです。普段、遊びに行ったり、食事に行ったりしている仲間の方からお見舞いをいただいたそうです。「わざわざ病院まで来てくれてすまないなあ~」と思っていつか退院したら挨拶にお伺いしようとおもっていたそうです。今日、病気もすっかり良くなり退院したので、友達に報告かたがた挨拶に行こうと当店に立ち寄ってくれました。

CIMG4702

CIMG4703

CIMG4704

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お見舞い返しはメルヘン3Dと決めて来たようで、「このメルヘン3Dを贈ればきっと喜んでくれるにちがい無い」と自信を持って言ってくれました。このお客様は今までたくさんの用途で利用頂いています。「毎回贈る相手から大変喜ばれるので贈るのが嬉しくなります。」とうれしいお言葉をいただいています。

入院を経験された方なら、病気で落ち込んでいるときに友人が見舞いに来てくれるのはこころなしかうれしいものです。但し、病気の内容にも寄りますが、患者さんの気持ちを考えてマナーを守ってあげたいですね。事前に家族や友人の人にお見舞いに行きたいけれどどうでしょうと連絡を取ってお見舞いに行くと良いでしょう。特に入院直後や手術後すぐにお見舞いに行くのは避けた方が良いでしょう。あと大勢で病室に押しかけたり、長い時間のお見舞いは患者さんの負担になるので控えた方が良いでしょう。

又患者さんの見舞いですので、ヒソヒソ話だったり、暗い話などはやめて勇気づけられるプラス思考の話などしてあげられれば良いと思います。すべては患者さんが元気で退院できるように希望を持たせてあげることが一番大事ではないでしょうか。

 

病院の先生へ御礼

昨年の暮に体調をくずして地元の病院に行ったけれど、「ここでははっきりと分からないので詳しく検査する必要があります。」と言って別の大きな専門病院を紹介していただいたそうです。そのお客様が病気も完治して来店されました。「その時の病院の先生の判断で大きな病院で治療が出来たおかげで今こうして元気におられます。

CIMG4699

CIMG4698

CIMG4700

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はその時の先生にぜひ御礼を込めてメルヘン3Dを贈りたい。」と買いに来てくれました。「これだと病院の受付や窓口に置いて頂けて、他の患者さんや病院のスタッフの方が見ていやされるでしょう。」今、病院や施設では生花の持ち込みが禁止又は制限されてきました。メルヘン3Dだと子供~お年寄りまで見て喜んで頂けます。いままで何回も、お見舞い、誕生日、退職祝、お礼等たくさん利用しているお客様は、多くの方から「これ可愛いね、初めて見るわ~」と驚いて喜んでくれるそうです。

CIMG4701

「私は、何事かある時はこのメルヘン3Dを贈るようにしています。」とうれしいお言葉をいただきました。最初のほうはどれにしようかと随分悩まれていたけど、最近ではどこにもないオンリーワン商品のため、さっと選んでいただいています。以前は病院の先生へのお礼はお菓子か花が定番でしたが、その花がダメならあとはお菓子しかないけれど、好みが分かれ聞くわけにもいかない、病院によってはお礼のお菓子などを禁止している所も出てきています。お客様はこのメルヘン3Dであれば病院に長く飾ってくれて、病院側も断らないで喜んで受け取っていただけるので決めて頂いたそうです。毎回ギフトとしてご利用誠にありがとうございます。

友達との食事会のギフト

メルヘン3Dをこよなく気に入ってくれているお客様が来店されました。お客様は体調をこわして暫らく入院されていたそうです。「退院して落ち着いたら女友達でごはん食べしよう」と誘われていたそうです。「入院中何かと心配してくれ・・・3人で久しぶりに食事をしながらおしゃべりが出来る」と、とても楽しみにしていました。その時に「二人の友達にお礼も込めてメルヘン3Dをプレゼントしたい」と買いに来てくれました。

IMG_0476

IMG_0474

IMG_0477

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつも何事かある時はメルヘン3Dを使ってくれて「贈った方からかわいいと言って大変喜ばれ大切に飾ってくれているのでとても嬉しい今回もこれにします。」とメルヘン3Dに決めて頂きました。二つのメルヘン3Dを選ぶ時は時間がかからず”ぱっと”選んでくれました。瞬時に二人の好みや性格をはじきだして相手にふさわしい物に決めていただきました。「別々に違う色の包装したら好き嫌いでけんかになるかなぁ~」と笑いながら楽しい時間でした。今では冗談も言えるようになりましたが、一時はどうなるんだろうと周りの親戚や友人の方たちが、心配されたそうです。手術や治療にも頑張って見事に回復されたそうです。「今では日常生活も入院前と変わらず、毎日元気に過ごしていて今まで出かけられなかったぶんこれから出かけようとおもいます。」と前向きな言葉をいただきました。いつまでも元気で長生きして下さい。

入院した時のお礼

お子様が少年剣道教室に通っていた時からの長いお付き合いをさせていただいているお客様が、去年の10月突然病が襲い一刻を争う事態となりドクターヘリを要請して緊急手術をされました。何日も意識がなく一時はもうだめかとあきらめていた時もあったそうです。そんな時病院の先生や看護婦、スタッフの皆さんの懸命の治療のおかげで奇跡的に回復して、今では楽しい日常生活をおくられているそうです。退院して落ち着いたら一度、その時お世話になった方々にお礼をしたいと相談方々来店されました。お客様は当初「病院にお礼として差し上げたら受け取りを拒否されるのでは」と心配されていました。「お菓子でもと考えましたが、好き嫌いがあり少人数にしかあげる事が出来ず、男性の方は甘いものはあまり食べないとなると、後は花でも」と考えたそうです。最近病院では生花・鉢物等の持ち込みなどが厳しくなり、持込禁止などが増えてきています。「持込が可能でも水やり等の管理は?病院のスタッフは忙しくて出来ないし、一体お礼として伝えるためには何を持って行けば喜ばれるだろうか」と悩んだそうです。

CIMG4640

CIMG4638

CIMG4640

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「前に友人への誕生日・入学祝い・お見舞い等にメルヘン3Dを贈ったらすごく喜ばれた事を思い出してこのメルヘン3Dはお礼として贈るのはおかしいですか?」と聞かれました。今までも退院した時にお礼として利用された事例を紹介させて頂きましたすると、迷わず「これにします。」と決めて頂き後は何処に贈るか指を折って数え始めました。内科・外科・神経科・リハビリ・ナースステ―ションの5か所に贈りたいとメルヘン3Dを5個お買い上げ頂きました。

CIMG4641

 

 

「これなら受付やカウンターなどに置いてもらえるし、見た人が癒されて喜んでもらえる。」と大変満足された様子でした。ラッピングしている間それぞれの違ったメルヘン3Dをどうゆう風に振り分けるか悩んで、たのしい時間を過ごしていました。きっと病院の方たちから喜ばれると思います。是非次回来店時に持って行った時の感想や反応をお聞かせ願います。

本日は誠にありがとうございました。