入院のお見舞いにプリザーブドグリーンと動物のフィギュアで自然の世界を再現したメルヘン3D

プリザーブドグリーンのジオラマボックス メルヘン3D 受付時間 9:00~19:00

法人はこちら

初盆の新たな御供

コロナの影響で葬儀も大きく変わろうとしています。家族葬・密葬・親族葬等、ごく身近な人たちで取り行う形となりました。そのため亡くなった事自体知らなかった。葬儀を済ませてから亡くられたことを知らされたと言う方もおられます。

そうゆう方が、「何か亡くなった方のご仏前に御供したいが、何かお供えするものはないだろうか?」とお店にいらっしゃいます。

お探しの方にお勧めなギフトがあります。

CIMG6059

CIMG5417

CIMG4819

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG4810

CIMG7259

CIMG7262

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7260

CIMG7264

 

 

 

 

 

 

 

この暑い夏の日に、生のほうずきとメルヘン3Dの組み合わせはいかがでしょうか?ほうずきは、提灯の代わりとして御供出来ますし、たとえ葉が落ちてもほうずきはいつまでもドライフラワーとしてそのまま飾ることができます。

又、メルヘン3Dと一緒にセットで贈られると後で仏前に癒しとして飾られるギフトです。一度検討してみてはいかがでしょう。

他にもアンスリュウムの鉢植え、胡蝶蘭やグラマトフィラムと言うグリーンのランなど取り揃えています。

 

 

お盆の本番スタート

今年のお盆商戦もコロナ、長雨や豪雨災害の影響を受け難しい局面に立たされています。ほうずきの生産現場では、何とか影響を受けずにりっぱなほうずきが出来上がりつつあります。

CIMG7258

CIMG7254

CIMG7257

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7255

CIMG5850

 

 

 

 

 

 

 

CIMG7256

 

 

 

 

 

 

 

CIMG5855

今年は7月の終盤に4連休が入りました。第一便のほうずきの行灯仕立ては7月24日の配達でした。近年の家庭事情で初盆会をする所としない所があります。又、初盆会をするところでも家族の集まりやお寺さんの都合で初盆会の日にちが変わります。

今年は特にコロナの影響で家族が遠方より帰省されないので、近くにいる方で簡単に済ませる所も出てきています。

当店では、そうしたお客様の事情に合わせてほうずきの行灯仕立てをお届けしています。

今年も昨年並みとはいきませんが予約いただきまして大変ありがとうございます。

 

社長の命日

ある会社の社長様の命日に、お客様よりお花を頼まれて配達させて頂きました。

今の時期生花より鉢植えの花のほうが日持ちも良く管理方法も簡単で、何より贈られる相手の方が鉢植えの花が好きであると言うことです。この会社は、先代の社長さんがなくなり、その後奥様を中心に子供さんが次の社長として頑張っております。

CIMG7003

CIMG7002

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今でも命日には、たくさんの花が仏壇の前に飾られています。

ご冥福をお祈りいたします。

 

胡蝶蘭の特別注文

コロナウイルスの影響で小売業界も大きく影響が出ておりますが、今週は特注の胡蝶蘭をたのまれました。

胡蝶蘭は見て分かるように輪数で値段が決まりますが、大輪で形が綺麗に整ってまるで蝶々がつらなつても見える物が一番素晴らしいです。

CIMG6959

CIMG6961

CIMG6962

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG6960

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG6963

用途は、一周忌を迎える故人への御供として飾られる予定です。胡蝶蘭は梅雨時の植物です。

15℃~25℃ 湿度70~80%です。お彼岸も終わり、今からの季節が胡蝶蘭にとって旬に向かっていきます。管理方法次第では

4月・5月・6月・と3ヶ月楽しむことができます。一年で一番もらって嬉しい胡蝶蘭のシーズン到来です。ぜひこの機会に胡蝶蘭の鉢物をおすすめいたします。

法事の御供

9月の初めに、お客様より9月8日のご法事に胡蝶蘭鉢の配達を頼まれました。

CIMG6487CIMG6489

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CIMG6490

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「配達はなるべく早めにお届けしてください。」とのことでしたが、ここ毎日30℃を超える日が続いています。

お客様には「胡蝶蘭の生育温度は15度~25度位、湿度は70%~80%の環境が適温です。日中はクーラーを入れて温度管理をしなければ胡蝶蘭は持たないですよ。」と伝えし納得していただき、前日の納品にしていただきました。

初盆家庭への御礼

8月15日のお盆が過ぎて一息ついてから、配達にお伺いしたご家庭にお礼の挨拶に回ります。

御供としてお届けした商品(ほうずきの行灯仕立て、アンスリューム、胡蝶蘭などの鉢物)の日持ちのことなどを家の方から直接お聞きして来年の初盆商戦に役立てるようにしています。

IMG_1201IMG_1200

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の初盆の御供で一番の売れ筋は、例年通りほうずきの行灯仕立てでした。続いてアンスリュームの鉢植えです。

3,500円~12,000円と価格が幅広く、お客様のご予算に応じて選んでいただくことができました。また、大きな鉢でもボリュームの割に重たくないので、配達ではなく直接お客様が持っていける手軽さもありました。何より35℃前後の真夏の暑さにも耐える管理のしやすさと、お盆が終わってからも長く花が楽しめることで、私たちも迷いなくお客様におすすめすることができました。

IMG_1202InkedIMG_1203_LI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前はグラマトフィラムという、やはり暑さに強い蘭をおすすめしていましたが、出荷が7月末で終わりとなるため入荷量が少なく、お盆に合わせての仕入れが難しくなってしまいました。ほうずきの生産者もだんだんと少なくなりつつあるので、こちらも本数を確保するのが難しくなってくるでしょう。数年前までは盛篭が主流だったように、御供のギフトも年々変わるので、その時々の良い物をおすすめしていきたいと思います。

 

初盆のお届け始まりました

今年もホーズキの行灯仕立ての製作が始まりました。

できるだけ新鮮なものをお届けするために、ご注文をいただいてからお届け先様にお電話をして納品日の確認をします。そして納品日の前日に商品をお作りします。

 

今日は、今週末に初盆会をするお宅にアンスリュームとホーズキの行灯仕立てをお届けいたしました。

IMG_1182IMG_1183

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお客様は今年の四月にご葬儀があり、葬儀場からご自宅に生花を移動した際に少し初盆のお話をさせていただきました。そして早い段階でホーズキのご予約を頂いていたのですが、今日実物をお持ちしたら、

「あいざわさん、あの時よく勧めてくれました。もう一つ頼んで対にすれば良かった。」

と、大変喜んでいただきました。

IMG_1181CIMG5853

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーズキは葉っぱがしおれてきますが、霧吹きで水を吹きかけるとしばらく持ちます。色が変わったり、しおれて見栄えが悪くなってきたら切り落としてください。実の方はずっと飾っていただけます。お客様の中にはドライにして何年も飾っているという方もいらっしゃいます。

毎年大好評のホーズキ行灯仕立てです。良い物をお届けするために、暑さに負けないよう体調を整えて頑張ります!

お盆について

先週梅雨明けし、ついに本格的な夏到来!毎日厳しい暑さが続いていますね。

 

これから花屋はお盆に向けて忙しくなります。

 

大分県は8月のお盆ですが、7月にお盆をするところもあります。7月のお盆を新盆、8月のお盆を旧盆というのはなぜなのか調べてみました。

 

これは明治時代に、それまでの太陰暦から欧米に合わせた太陽暦に変更したことからだそうです。一年が13ヶ月から12ヶ月になり、お盆は今の7月になったけれど農作業の忙しい時期と重なるため、これまで通り8月にお盆をする地域とに分かれたそうです。それで8月のお盆を「月遅れ盆(旧盆)」と言うようになったそうです。

 

大分県では初盆に盛篭を贈る風習があります。盛篭とは箱に缶詰などの日持ちする食品を詰め、周りを造花で飾ったものです。一家の主人や担い手が亡くなっても、その家族が立ち直るまでの間、玄米、味噌、乾物類などの食料を親せきや知人たちがその時々の花や山野草を供えて送ったのがルーツと言われています。仏間がにぎやかになりますし、お盆が終わったら家族や親せきで中身を分けることができます。最近は食品だけでなく洗剤などの詰め合わせもあり、こちらも人気のようです。ただ、組み立てや処分に手間がかかることや、住宅事情によって飾るスペースが限られることなどから、以前よりも需要が少なくなっているのを感じます。当店でも盛篭を扱っていますが、年々注文数が減ってきています。

IMG_1179

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな盛篭の変わりにホーズキの行灯仕立てや鉢物を贈る方が増えています。鉢物の中でも暑さに強いアンスリュームがおすすめです。厳しい暑さが続く今の時期でも管理しやすく、秋を過ぎても花を楽しむことが出来ます。白とグリーンが一番人気ですが、お盆が終わり他の飾り物を片付けたときにさびしくないようにと、ピンクや赤を選ぶお客様もいらっしゃいます。

 

CIMG5925CIMG5926

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホーズキの行灯仕立ては7/25で予約を締め切らせていただきましたが、盛篭、アンスリューム、生花のアレンジメントなどはまだご予約受け付けておりますので、ご相談ください。

CIMG5850

 

初盆に胡蝶蘭

お盆を前に、胡蝶蘭の生産者さんのところへ行ってきました。

端から端までずらりと並べられた胡蝶蘭は圧巻です!

IMG_1162IMG_1165

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暑さに強いグラマトフィラムやアンスリウムを贈られる方が増えてきましたが、白の胡蝶蘭も変わらず人気です。管理の難しさはありますが、それに勝る魅力がありますね。

お盆の間際には入荷が難しくなりますので、ご予約はお早めにお願いいたします。

IMG_1163

今年も好評でした

今年も初盆用ほおずきの行灯仕立てのご注文をたくさんいただきました。配達分はすべて終わり、残すはお客様に取りに来ていただく分のみとなりました。

CIMG5863

CIMG5852

CIMG5850

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は宅配業者の大幅な送料値上げにより、今までは宅配にまわしていた豊後大野市外にも数件配達しました。宅配にまわすと箱の中で蒸れてほおずきの葉っぱの色が変わったりしおれてしまうこともあるので、行けるところは直接お届けした方が安心です。県外へも数件宅配でお送りしましたが、昨日ご注文主様から、「無事に届いてすごく喜ばれたよ~!」と電話がありました。無事に届いた事を確認するまでは気が気じゃなかったので、みんなで一安心したところです。

CIMG4799

CIMG3807

CIMG3805

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は今まで仕入れていた方が生産を辞めてしまったので、新しい仕入れ先を探すところから始まりました。後継者がおらず、生産者さんもどんどん少なくなっています。幸いにも良い生産者さんにめぐり会えて今年も無事に納品することができました。

CIMG5855

CIMG4812

CIMG4800

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全予約制ですので、毎年7月25日で受付を締め切らせて頂いています。ご予約はお早めにお願い致します。